仮想通貨(暗号資産)NFTとは?ブロックチェーン活用で新たな市場へ!!

NFTとは?

NFTとは【Non-Fungible Token】の略称で、代替不可能で、固有の価値を持つデジタルトークンの事です。NFTは代替不可能トークンと呼ばれていて、NFTでは全てのトークンは唯一無二で、分割する事が出来ません。この為希少価値がつきやすくイメージでいれば美術品みたいな物に近くなります。代替不可能とはこの世に1つしか無い物と言う事を意味します。NFTを使えばブロックチェーン技術により購入した物の所有権などを証明できるので改ざんや不正、コピー商品などが不可能になりNFTを活用する事で様々な可能性を秘めているのです。これまでの世界は車や絵画などフィジカルな物に価値を持たらされていたのですがNFTが誕生した事でデータに価値が付き新たな市場が生まれる事が予想されます。

NFTでは何が出来る⁉

  • アート、イラスト、美術品 
  • ゲーム(ブロックチェーン)
  • ブランドの証明
  • ライブチケットや利用券
  • 本や映像などの著作権
  • 勤務時間の管理

アート・イラスト・美術品

NFTを活用する事でデジタルアート作品の所有権を付与出来る様になった為にデジタルアートに希少価値を持たせる事が可能になりました。さらにNFTの凄い所は!!今までなら美術品やアート作品を売却したらその時に売却した金額が手に入るのですが、NFTなら自分が作ったアート作品が売却した後にさらに転売した場合に売却価格の何%が所有者に入る仕組みが組み込めます。例えばデジタルアート作品を作成してその作品が100万円で売却したとます、その売却した作品が1000万円で売れました!!NFT発行者がシェア率10%とした場合、発行者に100万円受け取れます。その事を二次流通と言い今までに存在しなかった仕組みです。

ブロックチェーンゲーム

NFT市場はゲームから始まったといっても過言ではないでしょうか、NFTを活用したブロックチェーンゲームと言えば[Cryptokitties]や[マインクラフト]や[The Sandbox]が人気があり、Cryptokittiesを例に見てみます!!コレクティブルゲームではNFTとして管理されているデジタルキャットは様々な種類があり、交配して誕生したデジタルキャットを売買することができます。また、交配によって望ましい「遺伝子」を残せるため、希少性の高い遺伝を組み合わせたデジタルキャットはプレミアが付きやすく、極端な例としては、Dragonという猫が紐づけられたトークンが、600ETH(当時の時価1700万相当)で買われたケースが存在します。

ブランドの証明

あのナイキやルイヴィトンが実際にブロックチェーンを活用するそうなんです、ナイキでは靴を購入するとブロックチェーン上に登録します、そうするとオンラインコミニティの中のアバターに自分の靴を履かせる事が出来ます。ブランドの品はそう安い買い物ではありません、NFTを活用すれば、ブロックチェーン上なら改ざんや不正が出来ませんので、偽物を掴まされるて事も無くなります。

ライブチケットや利用券

遊園地の年間パスポートを購入したものの途中で行けなくなって何枚か余ってしまった事はないですか?NFTを応用するとそのチケットを分割して売る事が出来ます!!ライブチケットなどの転売防止や偽装なども不可能になり、もし仮にライブに行けなくなったりした時にチケットの譲渡が今までより簡単に出来る様になります。チケット以外にもNFTを持っている人だけが会場に入れたり、NFTを持っている人だけが見れる動画があったりと制限を付けて利用する事が出来る様になります。

本や映像などの著作権

NFTでは本・マンガ・ブログ・映像などが違法に利用出来ない様な仕組みになってます。ネット上にあるコンテンツは複製、海賊版など不正にコピーされてる物が沢山ありますが、ブロックチェーン技術を応用すれば不正や改ざんが出来なくなり、著作権が守られます。さらに二次流通(転売)、三次流通で所有者に何%の収益が入る事が出来るのです。

勤務時間の管理

勤務時間をブロックチェーンのトークンとすることで勤務時間の改ざんを防ぐだけでなく、労働者の休暇も確保することができ、近い将来導入して欲しいですね!!



NFT銘柄トップ10(coinGeko)

  1. ENJ   価格¥219
  2. FLOW  価格¥3,854
  3. MANA  価格¥78.35
  4. SAND  価格¥64.08
  5. WAXP  価格¥28.70
  6. AXS  価格¥524
  7. WHALE  価格¥5,172
  8. GALA  価格¥3.18
  9. RFOX   価格¥17.57
  10. NFTX   価格¥32,091

NFT銘柄トップ1の(ENJ)エンジンコインは日本の取引所コインチェックで購入できます、その他銘柄に関しては海外取引所バイナンス等での購入になります!!コインチェックの1年チャートを確認した所2020/12の最安値が14.5円で2021/3/12に最高値239円になり1年も経たない内に約16倍以上になってます。

コインチェック1年チャート

実際にNFTを活用した事例

実際に起きたデジタルアート作品をNFTを活用をした事例をご紹介したいと思います。デジタルアーティストであるBeepleさんは2020年に21点のアート作品をNiftygateway出品し約3億7000万円相当のクリプトアート作品を販売。さらに2020年10月にBeepleさんの動画作品を720万円で購入したアートコレクターは2021年2月末に7億円で売却する事が出来ました、その事から解る様に二次流通市場いわゆる転売でも大きな話題になりました。

関連記事 PLUSQO AI Trader 完全無料で自動でビットコインを増やす!!

どんなアート作品が取引されてるの?

Niftygatewayで75000$(日本円で約800万円)で落札

crypto punksでシンプルなアイコンが605 ETH 761,888$(日本円で8300万円)で取引されました。

イーサリアム規格で作られてます

NFTのほとんどは、2つのイーサリアム規格(ERC-721、ERC-1155)のどちらかを使って作られている。イーサリアム規格は、ソフトウェア開発者がNFTを簡単に作成し、取引所とメタマスク(MetaMask)、マイイーサウォレット(MyEtherWallet)のようなウォレットなどの互換性を維持するためのイーサリアムブロックチェーン上の規格だ。

コインチェックがNFT市場へ

コインチェックが連携を開始しました!!

  • 「F1® Delta Time(F1®デルタタイム)」を提供するAnimoca Brands
  • CryptoSpells(クリプトスペルズ)
  • CryptoKitties
  • The Sandbox
  • Enjin Platform(マインクラフト)

日本でNFT市場に参入してるのはコインチェックだけなのでこれから拡大していきそうです!!

DifiとNFTを活用する世界になってくる⁉

Difiというのは分散型金融と呼ばれブロックチェーンを使った金融サービスです。DifiにNFTを組み合わさっていくと土地の権利書や株券のような物もNFT化していくと、それらを担保してお金を借りる事ができる様になります。そうなると契約書面だったり利息だったりブロックチェーンだと今までより簡単に自動的に行われるようになってきます、それらはいつも皆利用しているサービスですよね⁉これからはNFT化、ブロックチェーン化になる未来が予想されます。

関連記事 分散型金融(DEX)ユニスワップの使い方



Follow me!

仮想通貨(暗号資産)NFTとは?ブロックチェーン活用で新たな市場へ!!” に対して3件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。