【Open sea】NFT をPolygonチェーンで出品方法の手順!!初心者にもわかりやすく図解付きで解説

はじめに

今回のブログで紹介する事はNFTマーケットで高い人気がある【Opensea】での出品の手順です!!

しかし出品するにはガス代が初期費用としてかかります、そこでPolygonチェーンで設定する事で初期費用がかからずにNFTの出品が行えます。これからNFTに挑戦したいけどガス代高くてなかなか踏み込めない方はそのやり方で初期費用0円でリスク無しでNFTの出品が出来ます!!

実際に出品した画像を例に初心者にも解りやすく説明してますのでチャレンジしてみてください。

関連記事:NFTとは⁉デジタルの世界が替わる?



Open seaとは

OpenseaとはNFTの売買やオークションが行なわれているマーケットプレイスです。

Openseaではユーザーは無料でアカウントを作成する事ができ、さらにNFTも無料で作成できます。

売れた時に販売価格の2.5%が販売手数料としてOpenseaへ自動で送られ、引かれた分が販売収益となります。

2012年はNFTが爆発的に伸び多くの作品が売買されました、Openseaに出品されている商品は人気があり価格が高騰する場合があります。実際にデジタルアーティストのBeelpleが手がけたアート作品はオークション形式で約76億円もの高額の値段で落札されています。

Polygonチェーンのメリット・デメリット

Polygonチェーンの最大のメリットにはガス代が無料になる事です!!NFTの出品やNFTの購入、NFTの送信がPolygonチェーンならガス代はかかりません、イーサリアムのチェーンだとNFTの出品(最初だけ)ガス代がかかり、NFTの購入や送信、オファーにガス代がかかります。

もちろんデメリットもあります、 オークション形式の出品が不可、イーサリアムチェーンと異なり作品としての価値が認められずらい、Polygonチェーンからイーサリアムチェーンへブリッジしてからじゃないと取引所に送れない為に手間がかかる。

Polygonチェーンとは?

Polygonチェーンとは、イーサリアムと互換性を持ち、ブロックチェーンネットワークを構築・接続するためのプロトコルとフレームワークです。 Polygonは高いセキュリティを保ちつつ、ガス代や遅延などブロックチェーンにまつわる様々な問題を解決します。

簡単に説明するとイーサリアムと同じ様に使えて、なおかつガス代が安く済み、高いセキュリティや送金などの遅延の問題が解決されたブロックチェーンと思ってください。

Open seaではPolygonチェーンで出品すると作成&出品が無料ですが、実はちょっとややこしい部分もあります、それはPolygonからまたイーサリアムに戻さないと取引所に送れないとゆうデメリットがあります。

もし仮に出品した作品がPolygonチェーンで出品して1ETHで売れたとします、その後にそのまま1ETHを現金化する為に取引所に送ろうとしても送る事が出来ません、その場合はブリッジしてPolygonからイーサリアムに戻さないといけません。

*注意* Polygonチェーンのイーサリアムを取引所に送金した場合、送ったイーサリアムは反映されず失ってしまうので、必ずPolygonチェーンからイーサリアムチェーンへブリッジして取引所に送金してください。




ブリッジ方法

ブリッジする

イーサリアムをPolygonチェーンにブリッジする方法をご紹介します。

  • 【Poolz Finance】を【Ethe】に変更します。
  • 送りたい金額(ETH)を入力します。
  • 【Transfer】→【Continue】クリックします。
  • 8分ほど待ち【Matic Mainnet】にします。
  • 【Matic Mainnet】にMATICが送れていればPolygonチェーンを使用する事が出来ます。

出品手順

実際にスマホから出品した画像を元に解説していきたいと思います!!

Openseaで売買や出品する前にウォレットと紐付けで必要になる、META MASKTRUST WALLETを必ずインストールして使える様にしてください。Open Seaでウォレットと紐付けする時に必要になります。

関連記事:META MASKインストール、使い方手順

関連記事:TRUST WALLETインストール、使い方手順

まずはCreate new itemから画像・動画・音楽・3Dなどをアップします。

対応しているファイル:JPG・PNG・GIF・SVG・MP4・WEBM・MP3・WAV・OGG・GLB・GLTF
最大サイズ 100MB

次にウォレットからポップアップが立ち上がり【接続】をクリックします。

次に赤印の部分を記入します、名前・出品作品のリンク先・説明文

コレクション先を選択し、Blockchinの部分からPolygonを選択します。

記入漏れなどが無いか確認して、【Sell】をクリックします。

【Price】からETH・DAI・USDC・の中から通貨を選び金額を記入して、期間(6ヶ月・1週間・3日間・1日)を選択します。

記入漏れが無いか確認して、間違いが無ければ【Completelisting】をクリック。

次にポップアップが立ち上がり署名が求められ、【署名】をクリック、次に【Sign】をクリックします。

これであなたのNFT作品がリスティングされ、後は売れるのを楽しみに待つだけです!!

キャンセルしたい場合

キャンセルしたい場合は【Cancellisting】をクリックして次に【Confirm】をクリックする事でキャンセルする事ができます。


Open seaにてお目当ての作品などを探す時は【seach Opensea】をクリック、記入で検索出来ます!!

Open sea マイコレクション

Open seaで実際にPolygonチェーンで出品した作品を見たい方はOpen seaから検索から【yudai MAN】と記入すれば出品した作品が出て来ます。

まとめ

イーサリアムチェーンに比べガス代がかからず送信も出品も無料で出来るのはいいですね!!

例えば何かのイベントでNFTを100個プレゼントします!!とかTwitterとかでプレゼント企画なんかもPolygonチェーンを使えば無料で出品、送信が出来てしまうのです。

しかし本気でNFT作品を売りに出したい方にはイーサリアムがいいと思います!!

今回NFTの出品にはスマホのみでウォレットにはMETA MARKを使用しました、以外と簡単で初期費用もまったくかかりませんので、この機会にNFTに触れてみてはどうですか!?



Follow me!

【Open sea】NFT をPolygonチェーンで出品方法の手順!!初心者にもわかりやすく図解付きで解説” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。